ゆるみっぱなしな1日。


朝から、

なでしこ三昧です。



LIVEで観る試合や、

グッディ!での総集編に、何度も感情が緩んでおります。


前回の優勝から、

ずぅっと同じだけの熱さとエネルギーを注いで観続けていたわけではないので、

我ながら僭越なのですが、


ピッチに立っているメンバーの表情や、発される言葉をみていると、

周りのノイズなどもものともせず、

高みを目指して、
生きる表現として、仕事として、
実現したいことのために、やるべきことを淡々とやる、
そんな姿に打たれてしまって。


女の子がサッカーチームにいるのが稀有、
そういう時代をものともせず、やり続けてきた方々ですものねぇ。


朝、支度をしながら、
息子と娘も、
今日は世界一を決める日なんだよ、

お母さんの仲間のアナウンサーも、その瞬間に立ち会ってるんだよ、などと言ったら、

それなりに神妙な顔になっていました。


前園さんにうかがっても、
全国どこでも、
子どもたちのサッカー指導に行くと、確実に女の子が増えているとのこと。


熱しやすく、冷めやすい人の常はあるものの

歴史的な瞬間、瞬間に立ち会うごとに、

誰かの人生には影響しているのだなと思います。

壮大なる未来への種まきができるアスリートの仕事って、
自分にはできないからこそ
心からカッコいいなーと思うのです。

こういう特別な日に感じること、記憶していたい。



あ。書いてて思い出した。

前園さん、今度お会いするとき、

どうなっているんだろう、、?!