変わらないもの。

お母さま方のコーラスで、

坂本九さんの遺作、
『心の瞳』という曲を知りました。


生前に、ほとんど歌われる機会のなかった歌が

歌い継がれて、

いま、ここで聴けることの幸せ。


歌詞が深すぎます。

無償の愛ってものが
どういうものかわらなくて、
男女の恋愛では我欲の塊だったし、笑
子どもができても、
なお、まだ自分の欲やらなにやらはあるわけで、

でも、なんとなく、

最近、

わかりかけていることもあるのです。

誰かが喜んでくれてると、
心からうれしい。


ひとりでできることより、ずっと、ずっと、何倍もうれしい。



そして、
ここから、さらにそういうことが増えそうな予感があるのです。


人との関わり全般で。




祖母の顔を思い出します。

滅多にしない外食なのに、
わたしにたくさん分けてくれては、
きょうこが喜んで食べてくれるほうがずっとうれしいんだよ、って。
目を細めながら。


歌を聴きながら、そんなことを思い出して、
涙がつつつと弾けでてしまいました。


時代は変わります。
環境も変わります。


でも、変わらないことも、あるのですよね。