初めての。


金曜日、突然上野駅で雨に降られて、
その後動物園を周る予定だったわたしは、

傘を買うことを余儀なくされた。


出先で傘を買うのは、あまりすきじゃない。

少々のことなら、走ればいいし、少しくらい濡れるのはしかたない。

なんとなく、間に合わせのモノが増えるのは、勿体無い気がするからだ。


しかし、その日は動物園、だった。


えぇい、せっかくなら、と折りたたみの晴雨兼用の、すばらしく軽量なものを買うことにした。

生まれてこのかた、
日傘をさしたことがない。

自慢にもならない。

理由は、折りたたみであっても、持ち運びが重い、いちいち畳むのが面倒、
いわんや長い日傘をや、

なにゆえ荷物を増やすのだ、
てな具合だ。


しかし。

晴雨兼用は、その日にかぎって、なぜか手にした瞬間、ワクワクした。

いつのまに、こんなに軽くなってたのよ、あなた。

結果、雨はあっという間にあがり、当日には出番はなかったものの、
すっかりその折りたたみは傘は、わたしのカバンに居場所を見つけて居座った。

翌日。

さんさんとした日差しのなか、
さしてみた。


えぇぇぇ?

こんなにも??

日差し、全く痛くないやんかぁ !!!
太陽、まぶしくないやんかぁ!!


あのとき、一文を読んでいれば。
あのとき、一言、目をみて話ができていれば。
確認さえすれば。

やってしまった悔いより、やらない悔いのほうが、心を圧倒的に支配するけれど、

わたしにとっては、日傘は、間違いなくそのひとつだ。


まだ、きっとある。


張らなくていい意地を、
張り続けてる、なにかが。


そして、なぜ日傘でここまで大げさなのか。
誰とも共有できないと思うけれど、日傘をさすのは、わたしにとって、それくらい、大転換な出来事なのでした。笑