一歩ずつ。

家ではさんざん、
ままだっこー、などと甘えてくる息子。


しかし。スイミングへ送り出すときなど、いつも、

わたしがぎゅーやらチューやらしようとすると、

あ、ここではいいと、


とても大人びた口調で言います。


ムスメは応えてくれますけどね。


わたしが天邪鬼なのか、母性が足りないのかはわからないけど、

さみしいというより

いっちょ前感がおもしろいなあと、

一歩ずつ、

自分の手を離れて歩いていくのが

楽しいです。


そのうち、お友達との時間や部活が増えたら、


わたしはたぶん、昼から飲んだり、ここぞとばかりにヨガしたり、
気兼ねなく美容院に行ってやる。

なので、この期限付き時期を大事に、と思ってますが、

いざ本当に手が離れて大変なさみしさが押し寄せたら、
素直にそう言うことにします。笑