改めて、ヨルタモリ。


先日、ナレーションの仕事をする際、
ヨルタモリの宮沢りえさんのナレーションがとても好きだったので、

改めて録画してあったものを見返しました。

なんてステキな番組なんだろう。


タモリさんも、変態芸を惜しげなく披露してくださってるのもおもしろければ、
りえさんの存在が、まぶしすぎて。


いつまでも成長しないかのような男子の下ネタも、
人生哲学も、

全て
受け入れて、包み込み、

スパイス効かせて調理する人間力。


以前、糸井重里さんと対談なさっているときに、


試練はごほうびだと思っている、

あきらめるって美しいです、

などと、


それはそれは、
これまでの年月で、
りえさんだからこそ経験してきたことや、背負ってきたことが、
爽やかに熟成されていて、

それでいて、今なお貪欲で、

その対談記事は何度も読み返しているのです。


試練は、
できたら逃げたいですし、
なければない方がいいと思う甘ちゃんなわたしですが、

でも、
確かに、

試練だな、いま、と思う時ほど、

後になると、その渦中のもがきやら、焦りやら、ぐちゃぐちゃになってる感受性が、

鍛えられた筋力になってるなぁとも思うのですよね。


同世代のりえさん、
艶やかなエイジングをされていくのだろうなぁと、

憧れながら、

観続けたいです。