オレンジリボン


今日、ラストニュースでもご紹介しましたが、フジテレビのイルミネーションはオレンジ一色。

帰りに一枚、撮ってみました。




児童虐待防止月間にちなみ、

他の観光地でも、考えるきっかけ作りにと、

オレンジ色に染まっているようです。

児童虐待が増えている。

データで示されてもいれば、
ニュースになることも多いです。


以前、『ボクらの時代』でも触れましたが、

子どもを産んで最も見方が変わったのが、虐待のニュースです。

なぜ、母の自覚がもてないのか、
大人として無責任、
など、
べきべきべきべき、

こうあるべき、という考えは打ち砕かれました。


金切り声で叱ったこと、ある。
我を忘れて怒ったこと、もちろんある。

そして、自己嫌悪する。


理由があろうが、
理不尽だろうが、
叱りとばす自分がいいなんて、思ってない。


相手は、子ども。

それもわかっている。

いつも笑顔のいい母であるべきプレッシャーばかりがつきまとっているわけでもない。

ただ、
自分とは別個の、強烈なエネルギーを放つ子どもを前にして、

もう、ただ、家の中で、なりふり構わなくなってしまう瞬間が、あります。

最近はね、

怒ることで自分を責めないようにしたら、
不思議と怒らなくなりました。


怒ってもいいよ、
愛情の土台が作れていれば大丈夫、
でも、きつく叱ったら、それを取り戻すには5倍の時間とエネルギーをかけてあげて、と教えてもらったから。

わたしは、幸いにも、
二世帯で住む実母がいて、
職場にも仲間がいて、
いろいろと教えてくれる先輩や友人もいて、
救われることがたくさんあります。

でも、これが、
人とのつながりが少なく、経済的に毎日逼迫して追い込まれている状況にあったら、
違う事態も起きうる可能性もあるだろうと想像します。


親を責めるのも簡単。
児童相談所の対応を責めるのも簡単。


でも、現実はそれでは変わらないとも思う。

だとしたら、
なにができるだろう?




どのみち、自分も迷惑はかけるのだから、お互い寛容な社会になるには?

人に寛容になるには、
誰しも自分自身に居場所を感じられるところがあって、自分がまず満たされる、
それを実現していくには、、、?





せめて、
まだたった6年間の育児経験で、
自分が冷や汗をかいた場面、たとえば電車で赤ちゃんが泣き続ける、

そんなときには、

お話してみたり、

それはちょっと勇気がいるけど、ニコニコしながら手を振ってみる、

くらいはできそうな気がします。

これもまた、5人のお子さんを育てるお母さんが教えてくれたこと、です。