熱血指導。






三輪車に乗りたいムスメ。
兄の自転車のようにスイスイ進みたいのに、いかんせん、ペースが違うので、ジリジリしたのか、

ヘルメットを脱ぎ捨て、
押しておりました。


子どもに向かって、常に本気になるわたし。


いい?三輪車もね、進まないからって、足元を見るんじゃないの、

行く先を決める、そちらの方向を見る、そこを見ながら、
一歩一歩よ!

いい?少し先、なのよ。

ほら、

あのワンコのおしり!
次はポスト!
兄の背中!


健気に、さきをみる、さきをみる、
と習得しようとするムスメに、

つい熱すぎる自分に、我ながら笑えてしまった瞬間でした、、、
なんでそんなに本気やねん。笑

ごめんよぉ。