あなせん。小穴先生の巻。


今日は、第5砂町小学校、5年生のあなせんの授業。

小穴くんが130人超を相手に先生をするので、

CSRのメンバーとともに、サポートに行ってきました。

発声や滑舌をやり始めると、途端に空気が熱くなってきます。

単純に、声を出すって、カラオケじゃないけれど、気分いいのですよね。

溌剌としたピンと伸びた姿勢で声を出すと、その声を1番聴いているのは、自分の耳。

知らず知らず楽しくなる。

だから、自分の元気は、自分で作っていけるのだと思います。

元気な心は身体から、なのですよね。

今日の核は、インタビュー。

2人1組でガイドラインに沿った質問項目で聴いていくと、相手の知らない部分が発見できる。

つくづく、同じクラスの隣の相手でも、聞く気になって聞かないと、知らないこと、たくさんあります。

そして、知るって楽しい。


今日も、ヘェ〜なんて言いながらインタビューしあっていて、相手を好きになって話を聴くことの喜びが伝わっているといいな、と思います。

ガイドラインは、ほんの入り口。

それで?
え、なんで?

相手をもっと知りたいというきもち。そこから派生して、どんどん脱線しながらも広がっていく醍醐味は、人と人とでしかないものだとも思います。

最初は、こあな、と呼ばれていた小穴先生も、最後はおあなと認識され、笑
男子たちとスキンシップ。


今日の5年生も、小穴先生の実況を聴く日に、今日のことを思い出してくれるといいなと願いをこめて。