瞬間を見逃す。

昨夜、家に帰ったら、

ママー、歯が抜けたよぉとムスコからの報告。

下の歯の1本がグラグラしていたので、いまかいまかと楽しみにはしていました。

園庭で遊んでいる際、砂場で抜けたのだそう。


働いていると、
そういう決定的瞬間を見逃します。

初めてトイレに行けました、とか、保育園の保育士さんたちに、目をキラキラさせてご報告を受けたりします。

初めて歩けた、はムスコとムスメと両方立会いましたが、妹の方はもうかなり記憶薄いし、、、。

わたし、冷たいのかもなぁ、、、。


あまり感傷的にもならないのです。

日々、1ミリずつ成長している存在だからでしょうか。

1ミリの積み重ねで、時々びょんと1メートルくらい飛躍する日があって、
それはそれで感激ものです。

その飛躍する決定的瞬間を見逃すことも多いですが、笑
遅々として行きつ戻りつする経過もおもしろかったり、心がかき乱されたり、喜怒哀楽のドラマに満ちているので、

事後報告を楽しく受け止めています。


と書きながら、
ここだけは見て欲しいって瞬間も出てくるのでしょうね、そのうち。

部活のここ一番の試合、とか、
発表会、とか。


先輩母たちにご教示受けます。