共にテレビを楽しむ。

昨夜は、
こよなく好きなIPPONグランプリがありまして、どうしても観たかった。

家でなかなか自分の観たい番組が観られない。

子どもの好きなDVDやら、
子ども向けの番組やらで、
なかなか、ジリジリとすることもあります。




もちろん毅然とオトナが観る時間ですと交替も要求しますが。


これまではわたしが観始めると、離れていったムスコが
きのうはIPPONに食らいついていました。

お笑い芸人さんたちの凄まじいクリエイティビティは、背景がわかってこそ笑えることも多々あるのに、なぜか6歳にも、参加してみたい!と思わせたようで、

お題に対して、

こーゆーのどう?

と思いついたことを披露しておりました。
ひねりは皆無でしたが、、、笑。
でも、そのチャレンジ精神に、もちろん、昨日もリアクションを怠らぬよう、務めましたよ、、。笑





これから、少しずつ、共に観て共に楽しめるものが出てきそう。
そうなるように、それを創る一員としてがんばろうと思った瞬間でした。