ワクワクに満ちる。


村上春樹さんのお書きになった、

『職業としての小説家』を読みました。


小説を書き続け、世界に確固たるファンを持つ春樹さんが、

60代半ばにいたるまで、
個として書き続けるために、何に心を砕いてきたか、
なぜ走り続けているのか、
賞についてどう考えられているのか、


覚悟をもって書かれていました。


一冊を通して、
ワクワク、あるいは、
すばらしい体験、という言葉が多いのに、

圧倒されましたねぇ。

仕事や、それ以外でも人とお会いするたび思います。

好きなこと、ワクワクすることをし続けているオトナは、素敵だなぁと。

ワクワクって生きる原動力なのですよね。

知らず知らず、身体が動く。
心が踊る。

これから、
やらねばならないことも増える子どもたちにも、

好き!という気持ちを押し殺してほしくないな。

勉強の邪魔だから、とかね。

押し殺している間に、
何が好きかもわからなくなった経験があるので、

より、そう思うのかな。


結婚も仕事も、
アタマでどれだけ考えるより、
ワクワクするか?がしあわせの決め手なのかもしれないですね。