とうとう手を染める。

ゲームのことです。

とりわけゲーム機を買わずとも、スマホでもタブレットでもゲームはできる。

そして、いつのまにやら、子どもは、ゲームを実況解説している動画の存在も知っている。

ママのスマホにもゲーム入れてほしい。
ムスコからのお願いです。

おぉ、いよいよそんな直談判をしてきますか。

以前、エッセの座談会で教わった、限界設定を試してみるときです。

「なぜ今まで入れなかっと思う?」

「うん、目が悪くなるのと、中毒になるからでしょ。」

言葉は極端だけど、まぁ、そういうことです。

これから小学生になるにむけて、やるべきことも出てくること、
時間を決めてやること、守らなければ1ヶ月は使わせないこと、次に始めるときにも相談が必要なこと、など、

なにをどこまでお互いの約束とするか決めてから、

スマホではなく、タブレットに将棋や囲碁など、
論理力が鍛えられそうなものだけインストールしてみました。笑

もちろんオットにも相談したうえでですけどね。

オットは、
やらせない、よりは、
やってみてこんなものかぁ、
これで勉強やらスポーツが疎かにぬるほどのめりこむのはもったいないなぁ、といつしか自制できるようになるほうが大事だと、、、。

確かにねぇ。

あとは、いまは離れてるからオンラインで一緒に将棋できるのもいいかもね、と。

時代ですねぇ、、、。

いざ始めたら、
将棋、夢中になってます。

対戦を挑まれるのですが、
わたし、本当にルールが覚えられない。汗

まったく勝負になりませぬ。

約束には目を光らせつつ、笑
様子を見ます。

これから、携帯がほしい、
スマホがほしい、

いろいろな欲望と付き合っていくのでしょうが

規律は自分の中に宿る。

ぎょっ。

わたしも、子どもには正面からも背中からも見られているのですね。