優しいひとつのアクション。


きもちを伝えるには、
態度より言葉がいいよね、とムスコが何の脈絡もなく言いました。

どういうこと?

しあわせなら態度でしめそうよって歌うけどさ、言葉のほうがいいよね、とのことです。

うーん?

両方大事じゃない?


言葉は、心が伴っていないとうわすべりだし、
言葉と行動が一致すると、サイコーだよねぇ、と、
こういうとき、オトナ気ないほど、本気で話します。

すると、なんていうタイミングなのか、それを知る出来事が。

二人を連れてちょっとスーパーに行くにも、
暑くなったからダウンジャケットを脱ぐだの、また着るだの、
いろいろあるわけです。

妹であるムスメが再度ダウンに腕を通そうにも、
もたついている。

兄は、気付かず先を急いでいる。

待ちなさいー、よく見なさいー、などと大きな声になるわけで。

すれ違いのおじいちゃまが足を止めて、ムスメのダウンを、
逆さになっちゃぁ着にくいねぇ、そう、その調子、など

言葉と行動で優しさをくださいました。


つかの間のことなのに、思い出しても温まるきもち。

さりげないのに、本当にありがたかったです。

こういう
ちょっとした慮る行動と言葉、循環していけばいいのになぁ、と思います。


そう、つぎはわたしの番、ですね