ザ・ノンフィクション

今日、ほんの少しですが、ナレーションのお手伝いをいたしました。

どの仕事も大事ですが、

とりわけノンフィクションに名前が出るって、嬉しい。


カメラが入ることによって、

誰かに質問されて問われることで、

変わる人間関係もあれば、前に進む道のりもある。



ドキュメンタリーの意義を感じます。



そして、ナレーションブースには、旧知のスタッフの方が。
これまた、仕事の年数も長くなると、再会が嬉しいのです。

その方が素敵な仕事をしているのを知ると、また明日からもがんばろうと思えたり。



最近、自分の可能性を信じられなくなっていたので、←看病疲れか、

いいタイミングで、
いい機会をいただきました。


感謝をこめて。