週のはじめ

やすみで、どっぷりとプライベートタイム。

母友たちと語らうひとときを楽しみ、断捨離に燃え。

less is more. を痛感しています、まさに。

もう何十年も前!父がバリバリ現役だった頃にもらった出張土産のカトラリーをおろし、
日常に使ってみると、気分いいのなんの。

母も、後生大事にお皿とっていても、もう何年生きるかわからないわぁーと大笑いしながら、ちょっといいものを出してきてお茶するだけで、こころ潤ったとのこと。

ものが減り、棚や引き出しも、すぅっと出し入れできるだけで、小さなストレスが激減していきます。


本もね、好きだから、つい、放っておくと、扉を瞬時に閉めないとガサガサガサって落ちる状態になってしまいますからねぇ。


欲しいのは、スッキリとスムーズに動けるスペースの中での、小さなゆとりの積み重ねなのです。わたしにとっては。


先日も、兄妹と一緒に歩いているとき、つい、子どもを急き立ててしまいました。
ムスメの口癖は、だっしゅ、だっしゅ、ですもん、、、。わたしと歩くときは、ムスメにとってはランニング状態、、、。
時々、立ち止まってテコでも動かなくなり、かえってなだめて再始動するのに時間がかかったりします。


兄に諭されました。

ママ、いつも急ぎすぎるんだよ。たまには、妹のペースに合わせてあげればいいんだよ。


確かに。


2人と手をつないで、ゆっくり歩くと、雲や花や蟻や、人間以外にも地球に生きていることに気づくのです。

雲行きが怪しいね、
陽が長くなったね、そんな他愛ない会話すら、かけがえなく思えてくるのでした。