はざま。

寒の戻りが体にこたえますね。

5年前の今頃も、寒かったのを記憶しています。

被災地の避難所からは、
「とにかく寒い。体を温める毛布や燃料がほしい」という切実なリポートが繰り返されました。

もう5年。まだ5年。


両方の気持ちがあります。


福島からのリポートにも、
いまだ人が帰還していないコミュニティでは、

住環境が整わないと人は戻ってこない、
人が戻ってこないと住環境は整わない、

これまた狭間に揺れる話を聞きました。


節目の日も大事だけれど、
また日々は続いていく。


忘れてはいけないこともあるし、
忘れたくないのに忘れていってしまうこともある。


5年と1日目。


テレビや新聞で伝えられる、
亡き人への想いは
もちろんすべてではないけれど、
伝えてくれる人の勇気に感謝して、
少しでも共に感じたいと思う日です。