新しい仲間がやってきた。

ひょんなことで、カブトムシの幼虫をいただきました。


息子が、飼ってもいい?と恐る恐る母に聞くのを前に、

乗り気なわたし。

蛹になり、成虫になるところ、見たいぃ、、、、!


息子は大事に持ってかえり、おうちを決めてあげました。


ある日、お風呂に入ろうとしたら、ギャー!!!


白くて、少しばかり透けている、モジャモジャくんが、廊下に転がっている!

救命せねば。

しかし、幼虫っていってもかなり大きいものなのですね。


手を出すも、素手ではひるむ。

息子よー、頼むー!と呼んだものの、いつも外では、カエルだろうとダンゴ虫だろうと、なんでもござれな息子が、

ママお願い、とこのときばかりは、ママ頼み。

なんでや。

えぇい、生き物への責任とばかりに、ティッシュ1枚でそぉっとつかみ、虫カゴの土に返しました。

触れあったら、好きになっちゃうじゃん、、、。


今日も元気だろうか、環境は不足ないだろうか、と、気が気でなくなってしまいます。

無事に蛹になれますように。


得意な方、これを読んでらっしゃったら、わたしに会ったときに秘訣を教えてくださいね。