目の前のこと。








もっともっと!と欲張りがちなわたし。


就職活動の自己PRも、欲張り、ですからね。他に特筆すべき言うことなかったから、ですが。



目の前の、おとなりの桜の美しいこと。

1番近いのに、見過ごす。

みんなのニュースで、ウルグアイ前大統領のムヒカさんの名スピーチが流れてました。

貧しさとは、ないことではなく、もっともっとと求め続けること。


いまの時代、モノも情報も、あふれすぎて飽和しているからこそ、シンプルに響くメッセージ。



目の前の、すでにあるもの、
愛おしいじゃぁない。


一本の老木を、今夜は愛でます。