節目とはいうけれど。

きのうは、3度目の熊本取材でした。

限られた時間なので、全体を語るのははばかられますが、


もう1ヶ月、とも、まだ1ヶ月、とも、簡単に意味づけはできないのが実感です。


無我夢中に目の前に降りかかることを克服しながら、気づけば1ヶ月、だったのではないでしょうか。


直後にペット連れゆえ、避難所の外の軒先で生活していた親子。

自宅に戻れたということで、今回もお会いできました。

お母様に話を聞くと、自宅に戻れて1番うれしかったのは、子どもにごはんを作ってあげられたこと。

メニューはハンバーグで、中3のお嬢さんは3つも食べたそう。

水が使えるようになったのも4日前。それも生活用水のみ。

でも、蛇口から水が出るのがうれしくて、夜まで床の拭き掃除をしたのだとか。


まだ家に戻れない方、住む場所が決まらない方がたくさんいるから、早く住まいが見つかりますようにと他の方を心配されていました。


倒壊した家屋の中から救出されたご高齢の夫婦は、地獄を見たけど、あれから毎日、人からもらう優しさ、今日も生きててよかったと思うことを数えて1日を終えている、とおっしゃってました。


当たり前が、本当は当たり前ではないこと。


頭ではわかっているつもりでも、改めて、お話を伺うなかで、気持ちを新たにかみしめます。


まだまだ先は長いです。


1日でも早く、当たり前が取り戻せますように。


わたしも、伝えていきます。