苦手なことこそ、人育ての肥やし。

タイトルに書いた通りのことを、最近よく思うのです。

自信を持って発表すること。
堂々と振る舞うこと。

こんなことは大の苦手だったので、勇気が出ない子どもたちや、若手の後押しはできる。
なぜできないかが、よくわかるから。




しかし、書くという、自分にとっては好きで苦にならないことは、うまく教えられないものですね。


息子は小学生になり、字を習い、授業でも様々書く必要が増えてきていますが、

それはそれは、びっくり仰天どないしてんの世界です。笑


すいとお
ちょおちょ
ておふる

などなど、始まったばかりで仕方ないのですが、かーさん、なぜ間違うかがわからんのです。

耳で言葉を覚えてきたのを、今度は文字にするという、違うステージだというのは理解できるのですが。

字が読めるようになり、本を読んでいる間に、自然に獲得するわけでもないのですねぇ、、、。


声は優しく、
さ、もう一度書いてみよー、などと促すものの、顔にはイライラが現れ、すこぶる怖いようです。笑


いかんいかん。


目の前にいるのがわが子なのです。


お互い、完璧であるはずもなく。


違ってておもしろいのでしょうね。


そして、苦手なことが自分に成長する鍵をくれてるのですよねぇ、、、。