20年来の初対面!?

先週金曜日、Love musicのゲストは、映画監督、是枝裕和さん。

映画音楽をどうつけるか。

興味津々で拝見しました。


『そして、父になる』の時には、どんな楽器が合うかから発想し始めたそう。


絶対ピアノだ、ピアノならグレン・グールドだ!と一気にイメージが膨らんだといいます。


番組では、彼のピアノが使われたシーンが紹介されていて、無性に聴きたくなったのでした。

うちに1枚だけCDがある。


大学時代に、周りの音楽好きな人々が、最高だよと紹介してくれたのを機に購入したものの、

ちゃんと聴いてなかった。笑

20数年経って初めてかけたわけです。

夜、子どもを寝かしつけながらかけてみたら、
いかん、目も頭も冴えてくる。


静謐なのに、音がひとつひとつ明瞭で、10本の指で弾かれる一音一音が、クリアに聴こえてくる。

かつ、歌いながら弾いているので、ハミングする声も入ってて、すぐそこで弾いてくれているような錯覚すらしてしまう感じ。

アナウンサーにたとえるなら、一音一音、句読点にいたるまで信じられないほどの滑舌なのに、機械的ではなく、そこはかとなく人の温かみ、息遣いがあり、言葉の選択に、その人のありようが溢れてる感じ。
←かえってわかりにくいですか?笑


子どもら2人は、全く関係なく、スイッチを切ったように眠りこんでましたが、笑

わたしは、しばし興奮しながらいい時間を過ごしました。

断捨離を繰り返しつつも、手元に残っていた1枚は、これから宝物になりそうです。