一夜明けて。

きのうの夕方は、固唾を飲んでテレビを観ておりました。


そうです。
オバマ大統領の広島来訪です。


オバマ大統領を乗せたと思われるヘリコプターが、広島の地に降り立ったとき、つつつと涙が落ちました。

歴史に立ち会う瞬間。現実が、いま、この瞬間に作られている。


現職のアメリカ大統領の訪問を待ち望み、働きかけていた方々の想いは想像も遠く及ばないほどでしょうが、、、ひとつひとつのシーンを目に焼き付けるように目を凝らしました。


そして、スピーチです。
言葉を、ひとつひとつ反芻したくなるような胸を打つものでした。

スキのない配慮が随所に盛り込まれているとしても、それでも、オバマ大統領が広島に来たいという想いは本物なのだと伝わってきました。


核廃絶という、理想。
いまの世界の現実。
ギャップと矛盾に満ちています。

理想を言うのは簡単、と批判するのもまた簡単なことです。

過去から学んで選択をせよ。というメッセージがありました。
子どもたちに、別の道もあると教えてあげられるのだ、と、

でも、過去を学ぶためにも、もう一度理想を理想で終わらせずに、現実を変えていくためにも、

きのうという1日は、大きな意味を持った日にしていかなくてはいけないのだと思います。

日本の中にも、広島・長崎を訪れる人が増えるかもしれない。
世界からも。
家庭で平和について話すきっかけになるかもしれない。

平和でありたいと、こころが深く動かないことには、現実を知ろうとも、目を向けようともしないものだと思います。


全世界に発信されたオバマ大統領のことばの力が、深く、永く、
人のこころを動かし続けますように。