嵐のあとに。

きのう、メイク室で、ぽつりと本音が漏れました。

あぁ、美味しいもの、、、食べたい。

しかも、家族をおいて。笑


あぁ、すべての責任から解放されて、極上のものを食べたり飲んだりしたい、、、。

家族のために、朝から晩からお弁当まで作ってはいるものの、自分の味にも飽きている、上げ膳据え膳、片付けなしで贅沢したい、、、。


はぁ。

以前は、高級ランチを召し上がるご婦人方を斜めに見ていた自分を、猛省します。

それくらい、許されてしかるべき。

ごくたまに、なのですもの。

ここ数日、小さなことでイライラ、イライラ、心にノイズが走り、我が家には嵐が吹き荒れておりました。

望んで家族を作っているのに、もう、寄っかかってこないでー!とばかりに未熟な自分が大暴れするのです。笑

そういうときのわたしは、子どもが子どもであることに、怒っているわけです。

こぼす、失敗する、そういったことに。

メイク室で大きな鏡に映った自分の奥に潜んだ怖さにぞっとして、笑、きのうは、よし、夜ごはんは外食だ!と決めました。

ひとりとはいかないので、家族を連れてね。


でも、なんだか潤いました。

おかげで、読まなきゃ読まなきゃと冷蔵庫に貼ったまま数日放置していた、学校と幼稚園のおたよりを、瞬く間に読破。

時々、ご褒美必要ですね。