圧倒的なプロ

最近、仕事を通して、あるいはお会いしたことはないけれど、
テレビや本やニュース上でも、何かの媒体を通して、


ひゃーっとするほど圧倒的なプロの仕事を見ます。

圧倒的なプロって、自分がやってることへの情熱や誇りや、その道で生きると決めた覚悟の決め方、ともなう努力に惜しみのない人だと思います。



もう、脱帽や敬服を超えて、ちょっと落ち込みもします。


わたし、圧倒的でなくとも、何かのプロになりたいと思ってたはずだけど、、、

あまちゃんだねー、口先だねー、努力してないねー、半端だねー。

あかんやん。

そして、真似しようと思うことは、早速やってみたりもします。



どどーんと落ち込みながらも、きもちが前向きになり始める頃には、違う感覚が宿ります。

こころの奥深いところで、感じるようになったんだなー、と。


思春期の頃のように、胸が痛んだり、じんじんしたり、ひりひりしたり、熱狂はもう遠くなったけど、

強烈な打ち上げ花火のような感動から、

小さいながらも、持続的に力をくれる感動なのです。

すごい人に出会うというのは。


与えられた天賦のギフトに差はあれど、いやはや、努力し続けること自体が才能なのだと、

40過ぎて痛感するからかもしれません。