四角四面

以前は、自分の持ち物であれなんであれ、丸みのあるものや、曲線のなだらかなものが好きでした。

ひとの性格に至るまで。

丸みのある、ふくよかな。


しかし、家を含めて整えることが好きになってからは、年々、異様な四角好きが高じています。

曲線の多いものって、よく言えばゆとり、悪く言えば無駄、デッドスペースが増えるので。

いつしか、かばんや、筆箱や、収納用品や、何でも、わたしの周りは四角ばかり。

ピシっと、四角がシンプルに鎮座してる感じがたまらなく好きなのです。

性格では、ストイックに、淡々とルーティンに集中して過ごすような。

まさか、家で1日五分筋トレし始めてしまうような、ね、、、。効果は出てないですが。


なのに、、、です。

こんなに四角四面な堅物にわたしがなろうとは、、、笑、と思いきや、なり切れないのが性というもの。



四角に収まってるものの脇からチョロっとはみ出てたり、
かばんのファスナーがガバッと開いててご注意うけたり、

四角の部屋を丸く掃く、そんな日常なのだなぁ、、、。


根底は変わらないものですねぇ。
やれやれ。


明日もまた、福島へ。


こんなありのままの自分で、高校生と向き合ってきます。


出会いが、楽しみです。