本って。

あんなに読み聞かせしたわりには、積極的に読書好きには育っていない息子ですが、

宿題やらなにやら、本を読む機会は増えています。

大人になって本屋さんに行くと、あの、小さい頃未知なる世界へ誘ってくれる、小冒険のような気持ちで連れてってもらってた児童書のコーナーって、すごく小さい。

そう見えるだけなのか、単に面積的にも減っているのかどうかはわからないですが、、、。

その中で探したり、図書館から借りたり、ふと、わたしが大好きだったあの本、まだ読まれてるかなとネットで探したり。

いわゆる、超・著名なシリーズでないのに、まだ読み継がれていることがわかると、また手元に置いて読みたくなります。


最近も、何度も何度も覚えるほど読んだ2冊と再会しました。


あぁ、確かに大好きだったなぁ、、、。


1ページ毎に、懐かしい。


どうも、いつもと変わらぬ家の中で、小さな空間なのに、魂が自由に冒険する物語が、好きだったんですね。


変わらないや。笑