斬新な。

まずは、きのうの詩の一節、間違っておりました。

(あめゆじゆとてちてけんじや)

が原文でした。勝手に変換してしまい、大変失礼いたしました。
みぞれから想起して、あめゆき、にしてしまっておりました。

お恥ずかしい限りです。


さて、話は変わります。

ファンタジーに生きるムスメのことは以前にも書きました。

ひとりロールプレイ少女です。

よく聞いていると、4役くらいを、創作しながら、男の子にもなりきってセリフを言っています。

以前、だれとお話してるの?と聞いてえらく怒られたので、見守るようにしているのですが、、、。

きのう、家の前を歩いていたら、突然、

まま、わたしけっこんするの、だそうです。

え?誰と?と聞くと

これー!と指差したのは、

歩行者保護のために歩道にある、オレンジの棒です。
何があっても立ち上がってくるといわれている不屈の、あの棒です。

へぇぇぇ。こりゃおどろいた。

けっこんしてくださいっていわれたから、いいですよって言ったよ、ととてもマジメに話しておりました。

名はオレンジくんだそうです。まんまやん。
人でもなかった。

なんだかよくはわからないですが、理性と現実に生きるわたしからすると、オレンジくんすら愛おしく見ているムスメの世界が、ちょっとうらやましくなったりもするのです。

本人の記憶にも残らないのでしょうけれど。