おばちゃん。

昨日、仕事でご一緒している先輩が、

おばちゃんパワーがいい、と言ってくださいました。

どうも、褒め言葉のようです。笑

自分でも充分おばちゃんを自覚しているので、気分を害するどころか、むしろ大歓迎です。


何をもっておばちゃんと定義するのかわかりませんが、

見られ方を気にしなくなることか、
恥がなくなるのか、
自分に迷いがなくなることなのか、
思ったことが全部口から出ちゃうのか、、、、
いろいろですが、

わたしにとって、おばちゃんは、お節介をせずにはいられない感覚です。

そして、誰とでもすごくおしゃべりしたい。

あめちゃんいる?ですよね、まさに。

なんかあったらいつでも言っておいでーと思うとともに、
あかんことはあかん、という。

20代の頃、こうしなさい、ああしなさいと、たくさんお節介されたことに、なかなか素直になれないこともあったけど、今になって、たくさん愛されてたんだなぁと思います。

信じてもらってたんですね。


もっとできるよって。


おばちゃんになると、あまり指摘されずさみしくもありますが、

でも、まだまだ、おばあちゃまたちからすてきなお節介をいただいています。

先日も、布団を外に干してつかの間、ご近所のおばあちゃまが電話をくださいました。

きょうこちゃーん、雨が降ってきたわよー、って。

ありがたかったなぁ。

ちょっと、ためを思ってもらえるって、すごくうれしいことですよね。