あかんか、ダメか。

きのう放送されたワイドナB面のなかで、

関東人が思わず使ってしまう関西弁ランキングをご紹介しました。

1位は、あかん!

他にはなんでやねん、とか、せやなー、とか、しょうもない、とか。


確かに、

それはダメ、と言うより、そりゃあかんて、と注意を促す方が、少しマイルドに聞こえるような気はします。


家でよくある会話に、

ムスメ→ままあそぼー。

わたし→5分ねかせてー

ムスメ→ダメっ!


ムスメ→ままー。つみきつくってー

わたし→洗濯もの終わったらやるねー

ムスメ→ダメっ!


いつもいつも、きっぱりダメっ!と強い語調に、若干のイライラが沸き起こります。笑


ねぇ、ままいつもそんな怖い声で注意してる?と尋ねると、


うん、いつもままコワイかおして言ってる。

そう、どんな顔してる?と聞くと、

顔の全てのパーツに力をこめて真ん中に集中させ、鬼のような形相を披露してくれます。


その様子もかわいいのですが、笑、合わせ鏡を見ているようで、反省します。


こちらに余裕あるときは、あかんよぉと柔らかに言うのもありかもしれませんね。


B面では、標準語に突っ込みのボキャブラリーが少ないということも話題になったのですが、


確かに、
なんでやねん、
なにしてんねん、
あほかー、
まいるわぁ、
びびるわぁ、

などなど、大きな抑揚で言うからこそ笑いに変わる文化圏で生きたことで、鍛えられたことはたくさんあるような気がします。

誰の失敗でも突っ込みあって笑う、自分おいしいわぁ、、、ですもんね。

東京に来だばかりの頃、何もないとこで転んだ友人に、

笑いながらどんくさぁーと言ってしまい、
一言余計だよね、と叱られてからだいぶ長い間心が硬直していたのも、いまや懐かしいですねぇ、、、。