女心と、、、秋。

本当に気温差の大きい日々が続いています。

乳幼児、ご高齢の方々にとってはもちろん、ミドルな年代のわたしにも、なかなか身体にこたえます。

そして、季節と関係なく、女心は難しいのが常。

我が家には、男児と女児がいるので、もちろん個体差であり、性差だけではないと思いつつも、違いがおもしろいです。

兄になくて妹にあるリアクション、、、それは、スネること。

厳しめに叱っても、兄はその言い方は言い過ぎだくらいに涙を流しながら反発しても、よく言うと素直、悪く言うと単純です。笑

すぐにケロっとしている。


妹は、スネに入ると、テコでも動かないしぶとさがあります。

たとえば、ピアノ練習。

もう一度その音よく見て、とわたしが語気が強くなると、

俯いてだんまり。

根気比べです。

あ、この感じ、わたしもあったぁ。急にへそ曲げたくなる、あれあれ。
どうしたの?と聞かれたら聞かれるほど、別にぃと深く沈殿していくあれ。

男子にはわかるまい。笑

構われたいけど、構われたくない、わかってほしい、でも簡単にわかられたくない、グジュグジュです。

あるとき、ピシャリと言いました。

黙っててもわからない、
なにも前に進まない。
じぃっとだんまりするとき、何が起きてるの?

すると、娘も何か答えないといけないと察したのでしょう、

できそうになくてはずかしくて、ドキドキしちゃうの。

もう、そこまで言ってくれて抱きしめました。


なんにも恥ずかしくないよ。
ママもたくさん失敗するけど、なるたけそうならないために、練習するんだよ、

とそれまで家事をしながらケアしていたのを、手を止めて横に座ったら、

わかったー!と意気揚々と顔色が変わりました。もうできてるよ、大丈夫と止めても、もういっかいひくー!と取り組んでおりました。

スネスネのときって、もうわたしには遠い記憶なのですが、笑、思い出すと、なにか相手の反応を試してみたいようなところありますよね。


大丈夫、変わらず横にいるんだよとわかるだけで、心は溶けるのだなぁと、懐かしい感覚とともに、新たに学び直しています。

女子は、面倒だからおもしろいのです。