もっと一緒にいたいのに。

今日はBSプライムニュースの代行。以前関わらせてもらった番組に、また代行で呼んでもらうのは、とてもうれしいことです。

と、遅め出社なので、ムスメの幼稚園に迎えに行き、帰る道すがら、

ママ、いまからおしごと?

そうよぉ。

そうなんだ、、、とまで言うと目に涙をためながら、

ママともっと一緒にいたかったのに、、、とスネスネモードです。


痛いよ、痛いよ、胸が。
刺さるのよ、そのことば。


ごめんねと以前なら口を突いて出たけど、本当に言いたいことはそれではないような気もする。


ママも一緒にいたいよ。
いちばんの宝はムスコとムスメ。
比べものにならないけど、仕事も大好きなのね。だからがんばっていってくるよ。

と、残りの5分でムスメ切望の風船遊びをして出てきました。

こういうときに限って、風船がうまいこと膨らんでくれる。


いってらっしゃいーと、送り出してくれました。

毎日のやりとりが、いいのかどうか葛藤はつきものだし、正しくはないのかもしれないです。


でも、最近、わたしが親に感じてたこと、なんであのとき、、、してくれなかったんだろう?
なんであのとき、、、?の反発が、オセロが反転するように、


いや、もうその都度親も全力だったんだよ、と塊が溶けるばかりなのです。



もっと一緒にいたいのに、と感情を出してくれるだけで、ありがたいなーとも思います。

こちらも、どんなに愛してるかを伝える機会になるように思えて。