小春日和。

「今日は小春日和でしたね。」

と、みんなのニュースウィークエンドの天気の原稿にもあり、改めて調べると、

晩秋から初冬の暖かな日を指すのですね。

まさにいまです。


きれいな言葉だなぁ。

こはるびより。

声に出すと、ウキっとしますよね。


中学の国語の先生に、歳時記というものを教えてもらい、いろいろなきれいな言葉を調べたのを覚えています。

同級生に、俳句の達人のしぶい女の子がいて、何かの作文の折、“風花“いう言葉を使っていて、なにそれー?なんのことなんー?と衝撃を受けたのをいまだに記憶しているくらいです。

最近のことは、とんと覚えられないのに。笑

しかし、洋服の数を減らしたこともありますが、我が家からは衣替えという恒例行事がなくなりました。

極端に暑い時期。
極端に寒い時期。

そこに合わせて、間をつなぐものが少しあれば、重ねたり、防寒インナーを身につければ、ほぼ一年中回ってしまう。

四季が四均等ではなくなってるような気がします。


移りゆく、曖昧な、グレーな、どっちつかずな、、、、な感じ、好きなんですけどね。


生態系や、季節に咲く花、眼に映る風景が変わると、日本人の感性も何か変わっていくのかしら。