久しぶり、とても久しぶりの。

今年は夏目漱石の生誕150年で、様々な特集を目にします。

しかも、今日2月9日はまさに漱石さんの生まれた日。

なんといいタイミング!と、改めて『坊っちゃん』を買い直し、読み始めました。

何年ぶりだろう。

新鮮な感触。

最近の本はなるたけ平易に、ひらがなが増えてきていますが、こんなに漢字盛りだくさんだったっけ。こんなにリズミカルだったっけ。

声に出すと、運動神経が良くなる感じ。キレがよくて。


学生時代は読まなくては、、、と義務感でしたが、今回は早く読み進めたいような、じっくり声に出して進めたいような。

ひとりの時間はあまりないけど、読んでる間はひとり時空自在。


たまりません、、、のです。