昨夜

単身赴任のオットが家に帰ってきました。

亭主元気で留守がいいとは、よく聞いたセリフですが、あれは毎日帰ってくる前提で成り立つセリフ。

不在が長い状況に慣れるまでにたくさん乗り越えた気がします。


やはり、人の存在は空気ではない。

いる、ということの心強さ。

今朝、早くも夢実現で、一緒に走りましたが、1人より2人はずっと楽しく、いつも以上に距離もペースも調子良くて。

その大半はわたしがしゃべってるんですけどね。笑




離れて暮らすのは、さみしいことも多いですが、でも、しあわせのハードルがどんどん下がって、本当に小さなことにも感動したり、ありがとうと思えたりする。

目の前にいるだけで、ありがとう!な気分にすらなるのです。

毎日毎日一緒だったら、、、わたし、そう思われる自信ないなぁ。笑