ふんわりと柔らかな。

普段から、言葉が好きで、言葉を通して何かを考えるわけですが、先週休んでいるときには、緩むのが目的だったので、ほとんど、わぁーとか、すごーいとか、感嘆詞のみで会話をしていたわけです。

語彙なかったぁー。笑

学生さんの自己PRや、我が子の日記だと、必ず聞くところです。

何がどうすごいと思ったんだろう?
何にワクワクしたの?

そんなことを、一切忘れてました。笑

とブログに書き始めると、そうだ、言葉でなく、目一杯体感する旅になったのだなぁ、、、と段々腹落ちしてきます。


おもしろいものですよね。

日々、言葉にならないようなきもちが多いわけですが、なんとか言葉にしようとひねり出すから、記憶としてフォルダ分けされ、整理され、時間が経っても取り出し可能なものになっていくのかもしれません。


言葉にする前は、なんだか、心を占める大きなふんわりした、もわっとした固まりのような感覚。

それをそのままに取っておくのもいいですが、、、深く沈殿していったあとも、何かしら言葉にしたくなる性を感じております。


言葉にできるというのは、何かしらその体験がようやく自分のものになっていくような。


だから、改めてわたしにとってブログは大事な場所なのです。


何かを思い出して言葉にして書くときに、そのときの身体で感じた興奮とか痛みとか、様々な感覚まで追体験しているようで。

何のためにもならないかと思いますが、(汗)今日も読んでくださってひととき付き合ってくださり、ありがとうございます。