こころに栄養をつける。

週末、サイバーテロやミサイル発射や、緊張を強いられるニュースが続きましたね。


だからというわけではないですが、なにか日常を忘れて没頭する時間がほしくて、母友と映画を観に行きました。

娘が幼稚園に行っている4時間ばかりの間に。

アニメや戦隊ものばかりの昨今、自分で選んだ映画をみるよろこび。


予告編のときから、もう感情大放出で。
たったひとことの切り取られたセリフでも、こころを動かす力があるんですよねぇ。

本編の映画の内容もすばらしく、あの人この人、、、手前彼方に、感情移入が忙しく、笑、やはり映画は一気に別の人生を味わえる。
こういうふうに時間を過ごせるんだという感激も大きかったですねぇ。


味をしめそう。次にも観たいものがむくむく湧き上がっております。


えいっと決めさえすれば、また行けるんだとわかり、こころに栄養つけていきます。

休みの日はなにもしない贅沢もありますが、何か自分のためにできることのよろこび、大きいですね。

明けても暮れても、休みない家事に囲まれておりますので。笑