ノースリーブへの憧れ。

毎日が楽しく退屈しないように、小さな挑戦、いや実験を繰り返しているのは、このブログを読んでくださっている方はすでにご存知かと思います。

いまも、やっております。

ひとつは、眉毛を生やしたい。
二十代が細眉全盛だったゆえ、日々、圏外にたくましく生えてくる眉毛のお手入れに励んでおりましたが、それも今やいずこ。
なにも描かなくてもそこそこかたちになっている手軽な眉毛めざして、

日々ほったらかし&ピンポイントでまつ毛美容液を塗ること1ヶ月。

数本、もう毛根さえ諦めていた箇所から眉毛なるものが出てくるものですね。

感動。


そして、もうひとつはノースリーブ。

さらっと着たい。

しかし、もう二の腕を出そうものなら、

くるよちゃん、こんなとこから足だしてーという子どもの頃大好きだったギャグさながらのプヨプヨさ。

二児を抱っこしてきたせいか、プヨプヨとも違う妙なたくましさまで備わっている。

ノースリーブを着た自分をしげしげと見ると、腕が太い云々以前に、腕の付け根というのか、脇と胴体の狭間というのか、腕を閉じるとプヨんとつまみたくなる肉が盛り上がるのですね。

ムスメには、、、まだない。

これだわぁ、、、わたしをノースリーブから遠ざけていたものは。


誰もわたしがノースリーブだろうが長袖だろうが、気にしていないことは重々承知ですが、自分の中の納得感は大事です。笑

夏には着たい。暑いし、、、。

こんな小さな筋肉のパーツを鍛えることができるのか、、、早速榎並くんに聞いてみよう。