講座の日々。

きのうは、アナウンサー志望の学生向けの、あなとれ。
そして、今日は子どもの学校での読み聞かせ&音読ミニ講座。

以前から、教える・教わるということが好きではあったけど、最近遠慮がなくなりました。笑

よく、錚々たる大御所芸人さんですら、漫才やコントのコンクールなどの審査員を引き受けたくないという気持ちを見聞きしますが、話の次元はわたしとは違えど、、、想像できます。


何か人に教えるとき、

そんなこと言える器か?
技量か?説得力あるか?と自分に対して懐疑的に一人ツッコミしちゃいますもん。

だからこそ、貪欲に何かを吸収したいなと思っているところもあります。

しかし、最近は、少なくとも22年もやってきたんだから、自分の身の丈で何か惜しげなく伝えていけばいいのかな、とラクに構えられるようにもなってきました。

だって、もし、自分が病院に行った先で出てきてくれた医師が同じくらいの年数働いていたとして、

なにも言えることないですが、、、って恐縮されたら嫌ですもん。

経験則で語ってくださいよ、とわたしなら期待するなぁとはたと気づき。


準備はしつつ、ありのままでいこうと思う日々です。