アスリートの言葉。

先日、新報道2001に、青山学院大の駅伝を率いる原監督がご出演くださったとき、

平昌五輪は、「アスリートの言葉にもご注目ください」とおっしゃっていました。

なぜ、その競技を続けるのか。
なぜ、高みを目指すのか。

毎日、涙かどばっとあふれ出るような偉業や結果に心から感服しつつ、自分と闘うことを覚悟して選んだ人たちの言葉自体に、

つい自堕落に生きるわたしは、メモで手帳が真っ黒になっています。

中でもスピードスケートの小平選手のあるインタビュで語られていたこと。


人から与えられるものは、有限。
自分で学ぶものは、無限。



カギカッコをつけて、わたしの中で大切にし続けます。