我が家のエイジング事情

元気な76歳の母が、腰を圧迫骨折。

背もたれのない椅子に腰掛けながら、背もたれがあると勘違いして椅子から落ちたのがきっかけです。

以来、ここのところ、家族の団結が強まっていました。

太陽のような明るいひとが具合悪くて安静にしていると、家庭の灯火が消えたようで。

母に手を貸す父の足下もおぼつかない。

父は10年余前に両足骨折して以来、より歩きにくそうです。

掃除しといたよー、洗い物ここに置くねー等、いろいろ声をかけますが、毎度、


えー?なんてー?と返事がくる。

気づくとテレビのボリュームも大きい。


耳もね、だいぶ遠くはなるわけです。
、、、こうして、エイジングしていくのだなと思います。

幸いなのは、子らが親切になることかしら。
また、寂しくもあるけど、母の生粋の前向きな気丈さにも救われる。

骨密度を測ったら随分元気で、骨密度の薬は飲まなくてよかったわ、それに、あー、頭を打たなくてよかったわよー。


前向きな気持ちが、何よりのエイジングとの付き合い方だなと学んでおります。