3月。

3月は、感情の振れ幅が大きくなります。


卒業や卒園や、退職される方々と、数々のありがとうとさようなら。

節目ですね。

ひとりで生かされているわけではないなー、本当に助けてもらってきたなーと身にしみる時でもある。

シャイで人見知りな娘は、3月になってからカレンダーを見ては、あと○日で卒園しちゃうのか、、、とそれはそれは寂しそうでした。
まま、わたしの前で卒園式の話はしないで、と。


すかさず息子が、大丈夫だよ、幼稚園のことを思い出せないくらい、小学校は楽しいよー、
と女子には伝わらない慰めをしておりました。笑

デリカシーとは無縁。

子どもって、今この時、を生きているのですよね。


そして親として迎える卒業の儀式はまた格別です。
さみしく、うれしく、ほっとする。
無事に今日が迎えられてよかった。

と同時に、どんどん見守る側になり、これからの未来を譲って、継いで行く。


嬉しいような、まだまだ任せられんと気を吐きたいような、中年ごころなのです。笑