歌舞伎座昼の部

行ってまいりました!

舞踊劇「大江山酒呑童子」では、随所に垣間見える勘九郎さんのオリジナリティを発見する度、楽しい気分になりました。

「歌舞伎はこうして伝統を受け継ぎ、時代に合わせて進化をしながら、愛され続けてきたのかぁ。。。」

と、勝手に解釈して勝手に納得しておりました。



歌舞伎座の帰りは決まってカレーです。

カレーの上には鶏モモ、マッシュポテト、キャベツ、グリーンピースで彩りをプラス、、、これをガァーッと混ぜるんです。
ライスも一緒にグワァーッと混ぜるんです。
混ぜれば混ぜるほど美味しくなるんです。

カレーはサラッとしていて額に汗がじんわりしてくるくらいスパイシーで、ジャガイモは甘くて、キャベツはシャキッと存在をアピールしてくるし、鶏モモはホロホロほどけてかつジューシー、、、あぁ、なんと美しい調和だろうか。



・・・話してたら食べたくなってきました。