念願の…三冠目撃☆☆☆

みなさん、こんにちは(^O^)!!!
みんなのKEIBA MCの、小澤陽子です。

先週の最大の出来事は、、なんといっても、、。
史上5頭目の『牝馬三冠』誕生☆☆☆

そんな、平成最後の秋華賞ですね!


一緒に涙した安田さんと、三冠ポーズ☆☆☆


最後の直線、普通の馬では届かないと思うような位置にいたのに、
『あっ、勝つな。』
アーモンドアイは、こう思わせてくれました。

これまでのレースで、本当に強い末脚を見てきたから信じられたんだと思います。

そのみんなの期待を裏切ることなく、
余裕のゴール…

本当に、本当に、強かったです!!
鳥肌が立ちました。。

ロードカナロア産駒ということで、短距離なのでは?とささやかれていましたが、そんなことなかったですね!!
そもそもロードカナロアも現役時代、1600m よりも長い距離を走ったことがなかっただけで、もし走ってたら、強かったんじゃないのかなぁ??
と、長い距離を走る姿を見てみたかった気持ちもあり、必ずしも短距離血統ではないのかなぁ?と、勝手に思っています。(笑)




これで、ジェンティルドンナ以来、史上5頭目。

国枝厩舎からアパパネに続き、また牝馬三冠…
関東馬の勝利もアパパネ以来。



いつも三冠を『トリプルクラウン』と英語で言うルメール騎手に前週に検量室で取材したところ、、
「Are you ready for “Triple Crown”」
(三冠への準備はいい!?)
という問いに、
「I am ready. But more important thing is she is ready, and she is good. So I’m confident.」
(準備できてるよ!でももっと重要なのは、彼女(アーモンドアイ)が準備できているかで、、彼女も調子がいいみたい。だから自信あるよ!)
と答えてくれていました。


人文字KEIBA: 三冠達成の秋華賞☆☆☆

陣営のみなさま、、
国枝先生、厩舎のみなさま、
ルメール騎手。

本当におめでとうございます!!☆☆☆

感動を、ありがとうございます!!!

「馬券の結果なんて、どうでもいいっ!!」
そう思わせてくれたレースになったんじゃないでしょうか??
 


…でも、そう思えた時に限って、的中していました、、!(笑)

『三冠』への願いを込めて、
アーモンドアイを信じた馬券でした。



大ベテランで、数々の感動シーンを近くで目撃してきた大先輩の福原アナに、
「牝馬三冠見られて幸せです(T_T)!!!」
と伝えると、、
「牡馬クラシック三冠は、もっとすごいよ」と。

さすがです、、!



2016年に競馬の門をたたき、三冠を、まだ見たことない私にとって、
牝馬三冠は、見たくてしょうがなかったこと。

でも、競馬の世界に入ってまだ3年の私には、まだまだ知らない世界が沢山。

もちろん、この『初めて見た三冠』は、一生忘れることはありませんが、
次泣くのは、きっと牡馬クラシック三冠を目撃する時なんだろうなぁ…

と、思ったのでした。(笑)




来週は、牡馬クラシック最終戦
『菊花賞』です。

注目の一角: ブラストワンピースにまたがる池添ジョッキーにも検量室で取材していました。

「ブラストワンピースには特別な思い入れがある。ダービーのレースは毎日今でも見返している。菊花賞は取りたい!」
とおっしゃっていました。
その思い入れってなんなのか気になりましたが…秘密と言われました、、!(笑)

出走馬全て、それぞれの馬に思い入れがあるはず。

今年の中継も、あと10回ほど。
今週も、全力で向き合って、お伝えしていきます!☆

それでは、また日曜みんなのKEIBA or 東京競馬場で(^-^)★