代々木ゼミナールの名物講師


さて、久しぶりの文章のブログです。


昨日は
代々木ゼミナールの名物講師
土屋文明先生に生中継で
特別講義をしていただきました!


「天気と日本史」という題材で、
日本史を気象的視点からみるという
面白い講義でした。

平安時代は、今よりも平均気温が3から4度ほど
高かったそうです。
それにより疫病が蔓延します。

当時は何が原因かわからなかったので、
神様の怒りだー!
という世間的な風潮が生まれたそう。


そこから誕生したのが、
京都の祇園祭!!


ははー。
ただ教科書を学ぶだけではなく
こういった、「違う視点から物事をみる」
これって、とーーーっても
重要ですよね!

勉強になりました!


今日は代々木上原の按田餃子から中継です!