今週の一枚

タイトル「出会いと別れ」






「一瞬の出会いは、もしかしたら一生の思い出かもしれない」


人力車時代にお客さんとのコミュニケーション
の中で深く深く心に刻んだ言葉です。



この言葉が人力車という嬉しくも儚いものに
惹かれる大きな要因の1つでもありました。



「あなたのその言葉は、もしかしたら誰かを
傷つけているかもしれない」


「あなたのその表情は、もしかしたら誰かを
笑顔にしているかもしれない」



いよいよ、冬キャラバンも終焉の時が近づいてきました。



2.28 千葉最南端 野島崎灯台に到着予定です。