真顔の合間の笑い顔。

CS「武豊TV!」の収録が昨日ありました。

この番組は、
90分番組です。
ですから、普段からかなりボリュームはあるはず、
なんですけど…

今回はかなり編集=カットされちゃうのかなと心配。

と、いうのは、このブログでも最近載せましたが、
「あの」ジャパンカップについてのトークがかなり延びました。

あらためて、その出来事ですが ↓

武騎手騎乗のローズキングダムに、ゴール手前で
外からやってきたC.スミヨン騎手(フランス)騎乗の
ブエナビスタが斜めに進路をふさいできたため、
先頭でゴールしたのはブエナビスタだったにもかかわらず、
長い審議の末…

ローズキングダム(被害馬)が2番手ゴールから「繰り上がり1着」
ブエナビスタ(加害馬)は「2着に降着」となった。


武さんも「この番組でしっかり話したい」との意思、
僕も聞きたいことはかなり聞きました。

出来事の背景には何があるのか。
これについても示唆する内容です。

真剣な表情。あるいは困った表情の多い収録になりました。
それでも周囲を和ませる武さんであります。

これは少ない笑いのシーン。

帰り際に聞いたところ、
2時間以上
テープを使ったとのこと。

普段以上に内容濃き一本。
必見です。