気楽に、ね

有馬記念。注目筆頭は
ブエナビスタ。


朝一番に(7時)最終の調整=追いきりを終えました。
手入れをしてもらって、朝ご飯。
馬房の中でリラックスしてるでしょうから、
遠慮してこんな一枚。
今朝つけていたゼッケンが外に干してあります。


その脇の事務所で調教師と騎手がなにやら相談してました。
中身は…聞けず。

相談が終わり、


「まあ、気楽に。」

これが松田調教師からスミヨン騎手への別れ際のひとことでした。


いろいろなプレッシャーや思いを背負いつつ、乗り手はある程度ノビノビしてないと馬も伸びてこない??

栗東は雨もほとんど降らずラッキーでした。
だって、馬のそばでは傘を差せないのです。

理由は…馬が驚くので。

ここではあらゆるものが
「馬優先」。