余震にめげず

美浦は桜が満開
ほかの花々も
まさに春爛漫の風景であります


そんな中にあって
福島と宮城の県境にある牧場から
美浦近郊に馬ともども
仮住いする人に会いました

震災当日
東北の実家に滞在中だった妻から届いた
写メを見せてくれる騎手
画面には屋根の上から撮ったという
泥まじりの海水に飲まれた
町の風景


引退して
福島県内で乗馬用に飼われていた
かつての管理馬が
地元の人々に助け出され
ツテを頼って
北海道に渡ったことが判明

よかったよ
来週様子を見に行くんだ、
と話す調教師



それぞれの心に深く
震災が刻まれていることを
改めて知る
春の朝でもありました