あれから10 年…

アナマガがイメチェンしましたが
このブログは今まで通り…
でよろしくお願いします


ニュースが入りました
ビンラディン容疑者死亡

テレビを見ていると

ホワイトハウスのまわりには
星条旗を持った興奮気味の市民
さきほど
オバマ大統領の演説が終わりました


アメリカが変わり
世界も変わった
2001.9.11


思い出します
日本人も多く犠牲になった

マンハッタン
グランドセントラル駅構内

MISSING(探しています)の貼り紙が多く残るなか

日本語で書かれたものがひとつ


今までありがとう、と
犠牲者の両親が綴ったものでした

なんて不条理な

やりきれない思いだったろうに
それを封印して
息子よ安らかにと


泣けて泣けてしかたなかった


イエローキャブの運転手
中東出身者、ムスリムと見るや
客から罵られること多く
そう
イスラム教に対する印象もかなり変わり
それは罪なき人への偏見にもつながった


DEAD OR ALIVE
タブロイド紙が
ビンラディン容疑者の写真を一面に
WANTED、と載せたことがある

まだローワーマンハッタンで
フジテレビも世界中のテレビ局も中継車を24時間フル稼働させていた頃だ

どこかのテレビ局が
その紙面を切り取り
中継車の車体に貼りつけた

通りがかりの女性が
それに向かい
唾を吐いて去っていった

一瞬のこと
僕は目が点に
しかし確かに
ニューヨーカーは怒っていた


大統領は演説の最後に
犠牲者を悼む言葉を


しかし今日のことで
何かが元通りになるわけでなく
犠牲者が帰ってくるわけでもない

ビンラディンの「息子たち」が
何を考えているのか
米軍の次なる目標は?
それは世界が納得するものなのか?

そして
平和な世界の実現とは

いろいろ考えだしてしまって
思い出してしまって止まらない


現地は日付がかわったばかり
グラウンド・ゼロにも多くの市民が集まっているそうです