天気もカラダも回復

昨夜
学生時代からの友人と
学生時代によく行った店で
学生時代から変わらない
メニューばかり注文

学生時代と違うのは
翌日のカラダの「重み」

だから走った

東京は
昨日までの雨もあがり
午前中から気温アップ

ムシムシする中にも
ショカの陽気を感じます

ショカ…初夏ね

もう少しすると
水分補給を〜なんて
呼び掛けのシーズンですよ

府中の馬場も
乾いてきたかな

晴れた競馬場は
気持ちいいが
気温が上がり
湿気も多いと

中にはレース後
文字通り
ブッ倒れる馬が出る

熱中症である

横になったまま
起き上がろうとしない


そういうときは
人間がよってたかって
濡れタオルを体に置き
冷やしてやる

よってたかって
だからと言っても

そばでしゃがみこんで
様子を見守るのは危ない

危ない…
なぜでしょうか?

それは
馬に意識が戻ったとき
本人(馬)が慌てて起き上がる

その時に脚をバタつかせ
思わぬケガをする危険性が
あるから
馬の脚は長いし
四本もあるからね

みなさんの近くで
熱射病による
気絶状態の馬を見かけたら
以上をポイントに
応急処置を
してあげてくださいね